デコシノニッキ

デコシノニッキ

ホロレンジャーの戦いの記録

MRTK2.3の更新

MRTK

MRTK2.3の更新

2.3がでましたね! 2.3の大きな更新点といえば、Unity2019.3の正式サポートです。イケてる機能がいっぱい!(まあTechStreamなのでご利用は計画的に。趣味で触るには最高。)

まー例のごとく手元に実機がないので、エアプ。はい。

更新点

XR Platform のサポート

XR platform をサポートするようになりました。 XR platform は、各プラットフォームの提供者はプラグインを開発しやすく、利用側からはカメラや入力といったAPIが統一化されて扱いやすくなる仕組みです。

…まあ、MRTKとイメージは一緒ですw

要はデバイス管理と入出力を司る部分なので、MRTKではそれらを今まで同様ラップして Providerとして、XR SDK で提供しています。扱い的にはOpenVRみたいなもんですね。

Assets/Dependencies folder

.Dependencies.msb4u

(あとでみる)

Hand physics 拡張サービス

手で物理的なインタラクションをするためのプチ拡張みたいです。

Non-native keyboard (Experimenta)

HTKおなじみのUnityでキーボード再現ですね。SystemKeyboardはUWP依存なので、そこを回避するための拡張です。

Hand coach (Experimental)

コーチマークのハンド版ですね! このアプリ、どこを触ってどこを動かせばいいの?っていうのを教えてくれるハンドセットです。 近くで選択、AirTap、移動、回転、拡大・縮小、BoundingBox、スクロール、ハンドフリップ、パームアップが提供されています。

アプリの体験がぐっと良くなると思います!

Follow solver (Experimental)

デフォのHoloLens 2 のホーム風にオブジェクトが追従してくるやつです。

Pinch Slider orientation

向きに応じたUIになったっぽいです。

ObjectManipulator and BoundsControl (Experimental)

ObjectManipulatorとBoundsControl という、ManipulationHandlerとBoundingBoxをそれぞれリファクタリングされたバージョンが追加されました。 構成、使用、保守性が見直されたようです。

どうやら将来的には、ManipulationHandlerとBoundingBoxは廃止したいっぽ。

UnityAR package contents moved into Foundation

UnityARがFoundationに統合されたそう。

issue

There is a known issue (#7299) with switching build targets after entering and exiting play mode in Unity 2019.3.

If this issue is encountered, please:

Terminate the process Restart Unity and load the project Do not enter / edit play mode Change the build target

ふーむ。Windowsで再生したあとにUWPに切り替えるとかこれはハマりそう。

[デコシノニッキ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」