デコシノニッキ

デコシノニッキ

ホロレンジャーの戦いの記録

StereoKitを使ったUnityを使わないHoloLens2アプリ開発の紹介

StereoKitとは StereoKitを始める 環境構築 テンプレートを開く サンプルの簡単な解説 StereoKitでUIを構築する StereoKitのUI思想 Windowを作ってみる カスタムウィンドウを作る まとめ StereoKitとは 今回は StereoKit について紹介します。 StereoKit は…

MRTK2.3の更新

MRTK MRTK2.3の更新 2.3がでましたね! 2.3の大きな更新点といえば、Unity2019.3の正式サポートです。イケてる機能がいっぱい!(まあTechStreamなのでご利用は計画的に。趣味で触るには最高。) まー例のごとく手元に実機がないので、エアプ。はい。 更新点 X…

真・2019年振り返り

思い出せないシリーズ www.tattichan.work 去年の引用 サービス開発にあたり、サーバやネットワークの知識でぶち当たる事が増えてきたので、来年はこのあたりを強化していきたいなーと考えています。 動かしてみた系のブログも多いので、一歩踏み込んでもう…

Reprojectionについて整理する

さらっと更新がかかっていたドキュメント。 描画の安定化周りで、HoloLens 2から微妙に変わっていたので整理します。 docs.microsoft.com シーンで起こるアニメーションやユーザーが頭を動かす時の動きと視点の変化を考慮し、HoloLens は Reprojection(再投…

Render from Camera を使う

こちらから内容を抜粋しています speakerdeck.com Mixed Reality Capture (MRC) では、アプリのカメラ描画と実際のカメラの描画の合成を行いますが、近傍のハンドメッシュの描画がずれてしまいます。 これを補正し、ハンドメッシュを正しく手の位置に重ねて…

雑メモ MRTKのClipping Shaderの使い方

MRTKのShader & C# Script 簡単にくり抜き表現が作れる。心臓の中身を見るデモが有名(?) Clipping のスクリプトとMRTK/Standard Shaderの2つが必要 Clipping にはCubeやSphereなどいくつかタイプがある 使い方 (球状にくり抜く場合) Clipping Sphere.cs を …

UniFlowとHoloLensでたわむれる

UniFlow とは 作ってみる 準備 ノードを組み立てる 所感 参考 UniFlow とは 原文 UniFlow is a library that can connect various Unity components without writing any C# script. You can implement easily processes such as "Tutorial that accepts use…

[デコシノニッキ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」