デコシノニッキ

デコシノニッキ

ホロレンジャーの戦いの記録

独習ShaderGraph その6 テクスチャを設定する

前回
www.tattichan.work

テクスチャ回!
nn-hokuson.hatenablog.com
ドラゴンは終わりらしい。。。

テクスチャを表示するシェーダ

Shader "Custom/sample" {
    Properties{
        //Textureをインスペクタから設定できるように。
        _MainTex("Texture", 2D) = "white"{}
    }
        SubShader{
        Tags{ "RenderType" = "Opaque" }
        LOD 200

        CGPROGRAM
#pragma surface surf Standard fullforwardshadows
#pragma target 3.0

        struct Input {
        // uv[テクスチャ変数名]という名前のメンバ変数を宣言しておくことで、
        // サーフェイスシェーダには処理すべきテクスチャのuv座標が自動的に渡される。
        float2 uv_MainTex;
    };

    sampler2D _MainTex;

    void surf(Input IN, inout SurfaceOutputStandard o) {
        // _MainTexからuv_MainTexで指定された座標の色を取得して、
        // それを出力する色としてAlbedoに指定
        o.Albedo = tex2D(_MainTex, IN.uv_MainTex);
    }
    ENDCG
    }
        FallBack "Diffuse"
}

みんな大好きお豆腐をCreate GameObjectからつくってTextureを貼ります。
f:id:haikage1755:20180128014921p:plain:w250
素材はめんどうだったので、PowerPointでてきとうに四角つくって塗りつぶしからテクチャ選択したものを図として保存しています。
f:id:haikage1755:20180128015103p:plain:w250

テクスチャを表示するノード

f:id:haikage1755:20180128015746p:plain

今回はあまり解説することはありません。
PropertyにTexture2DをAddします。Property ノードに作ったTexture2Dを指定、それとUVを作成し、SampleTexture2Dに入力します。
最後に出力結果をAlbedoに入れて終わりです。

[デコシノニッキ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」